HOME > 資格・講習 > スペシャリティ講座 > スペシャリティ講座【動画編】

資格・講習

スペシャリティ講座【動画編】

不動産のプロである公認 不動産コンサルティングマスターのブラッシュアップやベテランの宅建業従業者の専門力アップのための動画+確認テスト解答方式による講座です。
◇本講座の受講には、WEB環境上でYouTube動画を視聴可能なパソコンやタブレット等が必要です。

※本講座は、動画視聴のうえ確認テストに解答し、一定基準以上の正答をすることにより修了となります。(再提出可)
※公認不動産コンサルティングマスターの方は、修了により「更新要件」の1/3カウントを充足したこととなります。
更新手続き、その他の更新要件についてはこちらのページをご確認ください。

スペシャリティ講座(集合研修)はこちら


スペシャリティ講座(動画編=Web視聴型)リピート開催
「不動産プライベート・カンパニーの活用法 (基本編)」講師:後 宏治氏
※本講座は、令和2・3・4年度開催同タイトルのスペシャリティ講座動画編と同一の内容です。
ご自身の受講履歴が不明な場合は、当センターにて確認いたしますので、下記お問合せ先までご連絡ください。

個人所得と相続に対する課税が強化される時代の流れの中で、プライベート・カンパニーの意義や機能が変化しています。
プライベート・カンパニーとは何か?なぜ、活用されているのか?どのような方式があるのか?メリット、デメリットは?実行するしないの判断は?など、プライベート・カンパニー活用のための導入として基礎的な内容がまとめられています。
時間を掛けてじっくり学習したい方にも、通勤時間などに少しずつ自分のペースで学習したい方にもおすすめです。最後に、確認テストにチャレンジし、インプットしたことをアウトプットすることで、曖昧な部分や理解が不足する部分を再確認し、理解を深めるツールとしてください。

☆ 実 施 概 要 ☆
講座形式 動画視聴+確認テスト解答
動画視聴時間 約20分の動画×5本
確認テスト 20問(正誤式、語群選択式、二肢択一式)
解答にかかる想定時間:約20分
※パソコンの画面上で全問題に解答し、送信ボタンを押してください。
受講期間 動画視聴+確認テスト解答期間
令和6年2月16日(金)10:00 ~ 令和6年3月10日(日)23:59まで

上記期間内に動画視聴の上、確認テストの解答をweb送信することにより修了となります。※動画視聴のみでは修了となりませんのでご注意ください。
受講料 8,000円(税込)
クレジットカードまたはコンビニエンスストアでのお支払いとなります。
備考 不動産コンサルティングマスターの更新要件とする場合・・・修了により1/3カウントとなります。
上記期間内に動画視聴の上、確認テストの解答をweb送信することにより修了となります。※動画視聴のみでは修了となりませんのでご注意ください。
講 師 後 宏冶 氏(税理士法人UAP パートナー/税理士・公認会計士)
経歴
平成4年公認会計士登録、平成7年税理士登録。
会計事務所にて資産税を中心としたコンサルティング業務に従事、
平成15年にユナイテッド アカウンティング パートナーズのパートナーに就任。
平成18年7月に税理士法人UAP代表社員に就任。
税理士向けの講習講師や中小企業庁の「信託を活用した中小企業の事業承継円滑化に関する研究会」など事業承継に関する委員会委員に就任。著書に「詳解 信託の税務」など多数。
後 宏冶 氏
申込締切日:3月4日 23:00
申込締切日:3月4日 23:00

締め切りました

申込受付締切日:令和4年3月11日(金) 17:00

本講座を修了されることで、「公認 不動産コンサルティングマスター認定」の更新要件1/3(3回受講で1要件)にカウントされます。
※動画視聴のみでは更新要件となりません。動画視聴の上、確認テストの解答をweb送信することにより本講座修了となり、更新要件1/3カウントとなります。
(注)「公認 不動産コンサルティングマスター」の有効期限が切れた方は更新要件となりませんので、「不動産マスター以外の方」でお申込みください。
更新申請手続き、その他の更新要件についてはこちらのページをご確認ください。

◆お問い合わせ先:コンサルティング係
MAIL:consul@retpc.jp
(TEL 03-5843-2079 平日11:00~15:00 / 土・日・祝・毎月第1・3・5金曜を除く)


スペシャリティ講座(動画編=Web視聴型)
「空き家など既存建物の活用と省エネ対策」
~既存建物活用のための建築基準法改正と省エネ法を中心に知る~
講師:中谷 龍海氏

近年は、空き家が社会問題化しています。また、カーボンニュートラル、HTT、省エネなどのワードを目にしない日はありません。これらの問題は不動産や建築に携わる者にとって身近な内容であり、喫緊の課題でもあります。 
住宅などの既存建物を空き家にしないために、例えば、用途変更する場合の要件を緩和し、改修を容易にすることで賃貸しての利用を促すことを目的とした建築基準法の改正などが随時なされています。
また、既存建物活用の際には、省エネについて対策を施すことがセットであるといっても過言ではないでしょう。
この講座は、既存建物の現状を理解したうえで、それらを活用するためどのような法改正がなされているか、また、これからはどのような建物にもついてくる建築物省エネ法の中身と何が対策としてできるか?について解説します。
既存建物の有効活用だけでなく物件購入の際やその売却などの場面でも、提案力や競争力に差が出る可能性があります。消費者の関心ごとでもあるので必須の内容です。

☆ 実 施 概 要 ☆
講座形式 動画視聴+確認テスト解答
動画視聴時間 総視聴時間約2時間30分
確認テスト 10問(Googleフォーム上で解答を入力形式)
解答にかかる想定時間:約15分
※パソコンの画面上で全問題に解答し、送信ボタンを押してください。
受講期間 動画視聴+確認テスト解答期間
令和5年7月6日(木)10:00 ~ 令和5年8月6日(日)23:59まで

上記期間内に動画視聴の上、確認テストの解答をweb送信することにより修了となります。※動画視聴のみでは修了となりませんのでご注意ください。
受講料 8,000円(税込)
クレジットカードまたはコンビニエンスストアでのお支払いとなります。
備考 不動産コンサルティングマスターの更新要件とする場合・・・修了により1/3カウントとなります。
上記期間内に動画視聴の上、確認テストの解答をweb送信することにより修了となります。※動画視聴のみでは修了となりませんのでご注意ください。
講 師 中谷 龍海 氏(アーキテン一級建築士事務所 一級建築士)
経歴
神奈川大学工学部建築学科卒業後、渡辺明次建築綜合研究室・古橋建築事務所を経て、1986年アーキテン一級建築士事務所設立、現在に至る。全国の温泉活用健康施設・民間温泉施設・オフィスビル・商業施設・博物館等の設計監理、リニューアルやまちづくりコンサル業務などを手掛ける。
当センター発行の『月刊不動産フォーラム21』において連載多数。
中谷 龍海
申込締切日:7月25日 17:00
申込締切日:7月25日 17:00

締め切りました

申込受付締切日:令和4年3月11日(金) 17:00

本講座を修了されることで、「公認 不動産コンサルティングマスター認定」の更新要件1/3(3回受講で1要件)にカウントされます。
※動画視聴のみでは更新要件となりません。動画視聴の上、確認テストの解答をweb送信することにより本講座修了となり、更新要件1/3カウントとなります。
(注)「公認 不動産コンサルティングマスター」の有効期限が切れた方は更新要件となりませんので、「不動産マスター以外の方」でお申込みください。
更新申請手続き、その他の更新要件についてはこちらのページをご確認ください。

◆お問い合わせ先:コンサルティング係
MAIL:consul@retpc.jp
(TEL 03-5843-2079 平日11:00~15:00 / 土・日・祝・毎月第1・3・5金曜を除く)


スペシャリティ講座(動画編=Web視聴型)
「不動産特定共同事業の活用方法」
講師:石井 くるみ氏

近年、不動産プレイヤーによる不動産ファンド事業(投資家から出資を募り不動産を売買・賃貸し、その収益を分配する事業)への参入が増加しています。不動産特定共同事業法(以下、「FTK法」)においては、規制緩和により小規模案件でも利用可能となり、注目を集めています。 
首都圏のみならず地方部における空き家等の再生の促進において活用が期待されるスキームであり、俄かに登録事業者が増加中。FTK法には事業実施に際し「業務管理者」の設置が義務付けられており、公認 不動産コンサルティングマスター(以下、「マスター」)であることはその資格要件のひとつですが、登録事業者の約7割で「業務管理者」となっているのがマスターなのです。
本講座では、不動産特定共同事業法のスキームを理解し、活用事例を踏まえて今後マスターの皆様の活躍の場を広げていただくため、不動産特定共同事業のアドバイザーとして多くの実績を積まれている石井講師より基本から実務における留意点まで分かり易く解説していただきます。

【講義内容】
①不動産経営環境の変化
なぜ不動産ファンド事業への参入が増加しており、マスター有資格者のニーズが高まっているかを知る
・不動産証券化の歴史
・不動産ファンドとESG/SDGs
②法規制
不動産ファンド法規制の全体像とFTK法の概要を学ぶ
・不動産ファンド規制の全体像と規制緩和
③不動産ファンドのビジネスモデル
基本的な3つのビジネスモデルを学ぶ
・『開発』ファンド
・『出口』ファンド
・『大家』ファンド
④ファンド事業戦略の策定ポイント
ESG不動産ファンドの具体例

☆ 実 施 概 要 ☆
講座形式 動画視聴+事後課題レポート送信
※配布・ダウンロードするレジュメ・資料はありません。
パソコンの画面上での動画視聴のみとなります。
動画視聴時間 約20~37分の動画×4本(総視聴時間1時間40分程度)
確認テスト 事後課題レポート送信
解答にかかる想定時間:約20分
※パソコンの画面上で全問題に解答し、送信ボタンを押してください。
受講期間 動画視聴+事後課題レポート送信期間
令和5年2月28日(火)17:00 ~ 令和5年3月23日(木)17:00まで

上記期間内に動画視聴の上、事後課題レポートをweb送信することにより修了となります。※動画視聴のみでは修了となりませんのでご注意ください。
受講料 8,000円(税込)
クレジットカードまたはコンビニエンスストアでのお支払いとなります。
備考 不動産コンサルティングマスターの更新要件とする場合・・・修了により1/3カウントとなります。
上記期間内に動画視聴の上、確認テストの解答をweb送信することにより修了となります。※動画視聴のみでは修了となりませんのでご注意ください。
講 師 石井 くるみ(日本橋くるみ行政書士事務所 代表)
経歴
早稲田大学政治経済学部を卒業後、公益財団法人消費者教育支援センターに研究員として従事。その後、行政書士資格を取得。法律事務所での勤務を経て、日本橋くるみ行政書士事務所を開設。不動産ビジネス(民泊・旅館業、宅建業、建設業など)と金融ビジネス(不動産特定共同事業、金融商品取引業、仮想通貨交換業など)を中心に、許認可法務とコンサルティングサービスを提供。
推進センターの月刊誌「不動産フォーラム21」で「不動産特定共同事業(FTK)のすべて」を連載中。
石井 くるみ
申込締切日:3月16日 23:00
申込締切日:3月16日 23:00

締め切りました

申込受付締切日:令和4年3月11日(金) 17:00

本講座を修了されることで、「公認 不動産コンサルティングマスター認定」の更新要件1/3(3回受講で1要件)にカウントされます。
※遅刻・中抜け・途中退席をされた場合は、更新要件としてカウントされません。
(注)「公認 不動産コンサルティングマスター」の有効期限が切れた方は更新要件となりませんので、「不動産マスター以外の方」でお申込みください。
更新申請手続き、その他の更新要件についてはこちらのページをご確認ください。

◆お問い合わせ先:コンサルティング係
MAIL:consul@retpc.jp
(TEL 03-5843-2079 平日11:00~15:00 / 土・日・祝・毎月第1・3・5金曜を除く)


過去実施分はこちら ≫

ページトップへ

page